分譲不動産(マンション)売却査定中

最近、マンション(不動産)売却を検討してます。毎日のようにポストにチラシが入っていて、『こちらのマンション購入希望者がおられます』とか『限定でこちらのマンション買い取ります』といった内容です。築15年になります。購入可価格2500万でした。一社査定をしていただいて2000万は確実みたいです。考えてみると、15年生活して単純に、購入価格-売却価格で差額500万として、500万÷180ヶ月=約28000円です。賃貸よりかなり良いと思われます。その他税金等もあります。居住中のマンションに賃貸で住んだ場合、ネットで調べると10万以上になります。住居に関して賃貸派、購入派に分かれますが、購入の方は売れる、そのまま住めると選択できます。等を考えても購入の方が良さそうです。ただ、実際売る場合「築年数」「広さ、間取り」はもちろんのこと「交通の便」、「管理状況」等が重要みたいです。

不動産の売却を希望する方は

所有している土地や建物を売却したいと思ったら、何から始めれば良いのでしょうか?土地と建物は不動産になるため買取している不動産業者を探さなければなりません。業者の方で買主を見つけ、売却が成立するとになります。まずは業者に連絡して物件の査定に来てもらいます。あらかじめ売りたい物件の所在地や面積などを告げておきます。面積や建築年、建物構造などを確認するためには登記簿謄本が必要になるでしょう。手元にある場合は業者が査定しに来るまでに準備しておきましょう。実際の査定では細かい状況まで確認します。特に建物は表面上はキレイに見えても、シロアリ被害に遭っていたり外壁が剥がれおちている部分があるかもしれません。業者は査定のプロですから、あらゆる部分をチェックしてから査定額を出すのです。金額に納得できたら媒介契約を締結します。

不動産会社に売却の依頼をする前に

現在お住まいの住宅を売却したいと思ったら、不動産会社を探して売却の手続きを進めることになります。不動産売買契約が成立すれば買主に引き渡すことができます。そこで気になるのが住まいの売り出し価格でしょう。初めに査定を受けますが、必ずしも納得できる金額を提示されるわけではありません。思っていたよりも低い査定額を告げられると売ることも躊躇ってしまうかもしれませんね。実際に査定を受ける前に自分でもある程度調べることは可能です。インターネットの物件サイトや物件情報誌を見ると、数多くの売り出し物件が掲載されています。住まいの場合は土地と建物を合わせた金額になるため、初めに土地の相場を確認しましょう。坪単価が分かったら所有している土地の金額が計算できますね。建物は難しいですが、築年数や部屋数などで似たような物件を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です