不動産の売却業者選びと資料請求

不動産の売却を取り扱っている業者は、様々あります。そして、それを行っている業者の数は比較的多いです。数多くの業者の中から一番良い所を選ぶ必要がありますが、その方法の1つは資料請求です。そもそも住宅物件などを取り扱っている会社は、パンフレットを用いているケースが非常に多いです。モデルルームを宣伝するためにも、何らかのパンフレットを用いている会社も多数あります。もしくは賃貸物件などでも、パンフレットがしばしば活用されているのですが。それと同じく、物件を「売る」際に関わるパンフレットも用意されている訳です。業者に頼めば、そのパンフレットを無料で郵送してくれます。何社から郵送を依頼しても、無料になります。ですので自分にとって最適な不動産会社を選びたいのであれば、複数の所から資料請求をしてみると良いでしょう。

不動産を売却する場合の流れ

私の住む自宅は、一戸建てです。中古住宅で購入しリフォームして住み始め8年がたちました。しかし、この先夫が転勤となればこの自宅を売りに出す必要があります。不動産の売却はどのような流れになっているのでしょうか。まず、築年数や土地柄などでおおよその売却価格を調べます。そして不動産会社に依頼をし、査定をしてもらいます。この場合、いくつかの会社で査定をしてもらうのもよいでしょう。次に不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には三種類あり、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約です。そしていよいよ自宅を売りに出します。購入希望者が現れ合意に至れば売買契約を結びます。そして引き渡しとなります。これは不動産会社が仲介者となり購入者を探す方法で仲介手数料が必要となります。もう一つ不動産会社に自宅を買い取ってもらう場合もあります。この場合は買取価格が低めになる事が多いようです。

不動産の売却について

不動産を売却するならしっかりと準備をしておく必要があると思います。だいたい近所でどれぐらいの値段がついたのか調べておく必要があります。値段があってないようなものなので、しっかりと自分で値段を知っておく必要があります。必要以上に安くしたりしないようにしっかりと自分で調べておかないといけないと思うのです。しっかりと準備ができると、高額で売ることができると思うので、少なくても一年前から準備をしていく必要があると思います。準備をしておくと自信をもってしっかりと売ることができると思います。インターネットでいろいろ情報収集をしていくとよいと思います。準備ができるときっと自分が思っている以上の値段で売ることができるのではないかなと思ってしまいます。本なども読んでおくとよいと思います。自分なりにどれぐらいの値段にするか考えておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です